断熱材・機能素材のリーディングカンパニー 木野内化成産業株式会社

TOP>今が旬の新商品

木野内化成産業がお勧めする新商品をご紹介するコーナーです。
掲載商品に関するお問い合せはフォームまたはお電話(089-941-9242)にて、お気軽にどうぞ。

今が旬の新商品

UPDATE:2015/08/21
スタイロフォームAT

■外張断熱工法のメリット

基礎の耐久性維持

シロアリは、ほとんど地下から床下を通って建物に侵入するので、基礎外側断熱にするとシロアリの蟻道になることがありました。

スタイロフォームATを使用することで、これを防止できるので、温暖地でも安心して基礎外側断熱が可能となりました。

スタイロフォームATはシロアリの侵入を防ぎます

■スタイロフォームATの特長

1.防蟻性能に優れている
スタイロフォームATはスタイロフォームに防蟻剤を混入し、断熱材自体にシロアリの食害を防ぐ効能を持たせています。
2.断熱性能が変わらない
ほとんど吸水しないため、断熱性能が変化しません。
3.環境に優しい
リサイクルが可能です。
4.施工性
通常のスタイロフォームと同様に丸ノコ、カッター、のこぎり等での加工が可能です。
5.吸水性が低い
吸水性が低いことと吸水した場合の熱伝導率の上昇も小さくなります。

スタイロフォームATでスカート断熱を施工すると、より防蟻性が高まり、地中熱の床下への取り込みが進み、夏の冷房・冬の暖房効果が高まります。

スカート断熱

ご購入はこちらから≫(OnlineShopキノウチへ)

■シロアリ防除の試験報告

住宅をシロアリの被害から守ると同時に、外断熱工法のメリットをフルに活かした「スタイロフォーム」製品への高い顧客ニーズに応えるため2003年4月から新製品開発を始め、シロアリ被害に多い沖縄県内の試験場において、シロアリ防蟻性能の長期試験を行いました。

沖縄県内の野外試験場で2年経過した小屋の中の変化を比べてみました。スタイロフォームATを使用しなかった小屋ではシロアリの食害が見つかりましたが、スタイロフォームATを使用した小屋ではシロアリはほとんど見つかりませんでした。

スタイロフォームAT/使用
スタイロフォームAT/使用
通常のスタイロフォーム施工
通常のスタイロフォーム施工

■スタイロフォームATの規格

スタイロフォームATの物性表(SI、MKS)
スタイロフォームATの物性表(SI、MKS)
  • 物性値は、JIS、ASTMあるいはダウ法にもとづいた標準値です。
  • 透湿係数は25mm厚で算出しております。
  • 酸素指数とは、材料を持続的に燃焼させるために必要な最低酸素濃度。26未満は消防法の取扱いにより指定可燃物となります。

ご購入はこちらから≫(OnlineShopキノウチへ)

■防蟻断熱材専用接着剤「AT-02」

防蟻断熱材スタイロフォームATを使用した基礎防蟻断熱工法専用の現場施工用接着剤です。

防蟻断熱材専用接着剤「AT-02」
●特長
スタイロフォームATと同様の防蟻薬剤を配合しています。
接着性能が高く、耐久性・耐水性・耐衝撃性・耐アルカリ性が良好です。
●用途
防蟻断熱材の目地措置、接着、貫通配管廻り、コンクリート打継部の防蟻措置その他。
新築の基礎外側断熱は同時打込みとしてください。基礎外側の後貼りは、断熱材裏面からのシロアリ這い上がり等が生じる可能性が高くなるので実践しないでください。
荷姿
タイプ 内容量 出荷単位
通常タイプ 330ml/本 10本/ケース
一般性状
項目 防蟻剤入り変成シリコーン系接着剤
外観 白色ペースト
不揮発分 98%
粘度 300Pa・s (20℃、10rpm)
比重 1.57
ホルムアルデヒド放散区分 F☆☆☆☆(JAIA 010470)

※数値は代表値であり規格値ではありません。


掲載商品に関するお問い合せはフォームまたはお電話(089-941-9242)にて、お気軽にどうぞ。

このページのTOPへ
TOP>今が旬の新商品